シェフ宮本のスペシャリテ

シェフ宮本のスペシャリテは40年の料理人人生の中で、幾度も多くのお客様にリクエストして頂き、長い年月を掛けてお客様に育てて頂いた「逸品」のことであり、云わばお客様と一緒に時を掛けて磨き上げたシェフにとって「大切な一皿」になります。トレフでは季節のおまかせコースの他にスペシャリテ料理を季節毎に味わって頂けます。



只今開催中の季節のスペシャリテ料理

「穴子とフォアグラの一皿」


【期間 8月末まで】


シェフのスペシャリテの中にあって人気は一番、30年作り続けるスペシャリテ中のスペシャリテ料理です。脂ののった「梅雨穴子」を使い夏限定のスペシャリテ料理になります。

シェフは若かりし頃「ルー・アンクルート、スズキのパイ包み焼き」に強い衝撃を受けましたが、シェフがその料理の中に見た「美味しさのコンセプト」を幾層も取り入れ全く別のオリジナルのスタイルに仕上げた一皿です。またフランス料理には珍しい「梅雨穴子」という日本の季節の食材を使い、日本人としてのアイデンティティを表現しています。


お一人様 1.2万円(税・サ別)、お肉料理追加の場合は1.6万円になります。


<コース内容>

  • アミューズ(2皿)
  • 日替わりの前菜
    (てんとう虫のトマトのサラダをご希望の場合はお伝え下さい)
  • クロメスキ
  • 穴子とフォアグラの一皿
  • デザート






「ブイヤベースコース」


【期間 7/4(土)~8月末まで】


今年も大人気のこちらのお料理の季節となりました!(今年は開催出来ることに一入の喜びを感じます。)

コースはスープから〆のリゾットまで日本全国から届く新鮮な魚介類をふんだんに使っておりますが、人気は何と言っても最初のスープです。


数日間掛けて作ったスープの出来高はほんのわずか。そのスープを頂いた後で魚介類を頂くという本場、ニース風のスタイルでお召し上がり頂きます。

また大皿に盛られるメインディッシュの魚介類は、それぞれの食材を厨房の全ての電熱器を使って夫々別の調理法(焼く、煮る、蒸す、グリエする等)で一気に仕上げるというシェフ渾身の大作料理で、本場フランスでも見かけることがない全くのオリジナルのブイヤベースのスタイルとなっております。

最後に濃厚なスープを使って〆のリゾットをお出ししているのもトレフのオリジナルコースの特徴となります。


今年もトレフ人気の夏の風物詩を是非賞味下さい。

 

お一人様 1.5万円(税・サ別) 

*こちらのコースは2名様からご予約のみにて承っております。


*またこちらのコースにはシェフのスペシャリテのフォアグラとトリュフのクロメスキ(コロッケ)は含まれておりませんが、事前にご予約で追加できますのでお申し付け下さい。1個1000円(税・サ別)



<コース内容>

・アミューズ

・ニース風ブイヤベースのスープ

・オマール海老や新鮮な魚介類を使った豪華メインディッシュ

・ブイヤベースのスープを使ったリゾット

・本日のデザート

・コーヒーとお菓子